経験なしの人も応募できる登録販売者の求人を探してみよう

薬剤師22

登録販売者は、第2類医薬品を扱うドラッグストアに配置されている専門職として認知度が高まっており、最近では経験なしでも働き始めることができる職場の数が増えています。たとえば、都市部を中心に展開するチェーン店のドラッグストアの中には、未経験者を対象とした研修を積極的に行ったり、業務マニュアルを作成したりするところもあり、働きながら仕事内容を覚えることが可能です。

パートやアルバイトの登録販売者の求人は子育て中の人にもおすすめ

各地のドラッグストアで募集されているパートやアルバイトの登録販売者の求人は、出勤日や労働時間などを柔軟に選べるため、子育て中の人も無理なく仕事を続けやすいといった魅力があります。また、過去に登録販売者として働いたことがない人に対しても、先輩の有資格者が丁寧に指導をしている店舗もたくさんあり、仕事を通じて必要な知識をきちんと身につけることができます。

最近では、仕事に慣れるまでフルタイムではなく短時間の勤務を希望する人も少なくなく、多様な人材を受け入れるため、様々な雇用形態の登録販売者の求人を掲載しているドラッグストアも目立っています。パートやアルバイトの登録販売者は、フルタイムと比べると業務の負担が軽い傾向があり、仕事を提示に終えることもでき、一箇所の職場で長期にわたり勤める人も多くいます。

なお、フルタイムの登録販売者が不足しがちなドラッグストアにおいては、パートやアルバイトであっても、時期や曜日によっては残業をお願いされたり、土日祝日のシフトが組まれたりすることもあります。そのため、子どもが小さい人や親の介護をしている人などは、なるべく私生活に負担が掛からないよう求職中に注意を払うことが大切です。

登録販売者とは?時給や求人内容などを知ろう!

未経験から店長を目指すことができる店舗も増えている

人材不足をカバーしたり、優秀な人材を自社内で育て上げたりするために、経験なしの登録販売者の採用を強化しているドラッグストアは年々増加しています。特に、全国に多数のチェーン店を展開しているドラッグストアでは、経験なしの人も実務経験を積んで所定の研修を受けることで、店長を目指せるシステムが整っているところが目立ちます。

そこで、ドラッグストアで働きながら近い将来に店長として責任のある業務を担当したいという人は、複数の店舗の採用後のキャリアパスについて詳しく調べることがおすすめです。

最近では、経験の有無にかかわらず、登録販売者の資格を持つ人を集めて業務説明会を実施しているドラッグストアの運営会社もあるため、勤務先の選び方について迷っているときには、こうした機会を逃さないことが重要です。

また、ドラッグストアによっては店長候補の登録販売者を対象としたフォローアップを強化するため、定期的に本部で専門的な研修を実施したり、外部の業務に関するセミナーや勉強会への参加を勧めたりしているところもあります。

その他、登録販売者には基本的な医薬品の種類や効能、副作用に関する知識はもちろんのこと、接遇マナーやコミュニケーション能力なども求められるため、将来を見据えてスキルアップを図ることが肝心です。

しっかりと稼ぎたい人は24時間営業の店舗の求人をチェックしよう

ドラッグストアの登録販売者としてしっかりと稼ぎたい人は、24時間営業の店舗の求人をチェックして、夜勤手当や特別手当の金額に目を向けることがおすすめです。

たとえば、主要駅や繁華街、オフィス街などにあるドラッグストアにおいては、多数の登録販売者を確保するために、経験がない若手も好条件で採用しているところが多数あります。また、夜勤の希望者が少ないドラッグストアを勤務先に選ぶことで、フルタイムでなくても月に二十万円を超える収入を得られるケースも珍しくありません。

こうした店舗においては、20代から30代の若手の登録販売者が活躍しているところがあるため、経験がないことを気にせずに働けるといった魅力もあります。一般的に、24時間営業のドラッグストアでは、登録販売者が医薬品の対面販売だけでなく、レジ打ちや品出し、売り上げ管理など様々な仕事を任されることがあるため、仕事を始める前に採用担当者ときちんと業務内容について話し合っておくことが大事です。

なお、接客や医薬品の販売など基本の業務をこなせるようになるまでの期間には個人差がありますが、面倒見の良いスタッフに仕事上でフォローしてもらえるところや、同じような境遇のスタッフが多いところを勤務先に選ぶと良いでしょう。

正社員としてキャリアアップを図りたい人は専門的な仕事を担当できる店舗を選ぼう

ドラッグストアへの就職を希望する登録販売者の資格を持つ人は日本中に多くいますが、正社員として順調にキャリアアップを図りたい場合は、できるだけ専門的な仕事を担当できる店舗の求人を見つけることがポイントです。

特に、店員の数が多いドラッグストアの中には、登録販売者の有資格者と無資格者の業務内容が分かれているところもあります。こうした店舗では、医薬品に関する説明や相談対応など将来に繋がる業務に専念しやすく、働きながら業務に必要なスキルを習得できるといった大きなメリットがあります。

また、目標を持って日々の登録販売者の業務に取り組むには、ベテランの登録販売者の割合が大きいところや、定期的に業務に直結する研修を受講できるところを職場に決めることがおすすめです。

採用面接を受ける前に気になる店舗を見学してみよう

薬剤師38

ドラッグストアの登録販売者の仕事内容は、店舗ごとに大きな差はありませんが、経験なしの人が不安なく働ける職場を見つけるうえで、採用面接を受ける前に気になる店舗の見学をすることが大切です。たとえば、仕事をしながら登録販売者に必要なスキルを身につけたいという人は、求職中に求人票の内容を確認するだけでなく、色々な店舗に足を運んで、医薬品の販売業務をメインに任せてもらえるところや、薬剤師などの有資格者にサポートを受けられるところを探してみましょう。

また、ドラッグストアには大きく分けてチェーン店と個人経営の店舗の二つがありますが、店舗によって主な仕事内容や職場の雰囲気などに違いがあります。そのため、仕事を始めてからすぐに離職をしないようにするには、焦らずに職場選びをする必要があります。

経験なしの登録販売者におすすめのドラッグストアの特徴

薬剤師32

経験なしの登録販売者がドラッグストアで働きたい時は、様々な立場のスタッフが活躍している店舗の求人票をもとに、仕事内容や雇用形態、業務研修の内容などに注目をすることが重要です。また、登録販売者として働きながら店長を目指したり、近い将来に高収入を得たりしたい人は、同じ職場で長く勤務する必要があるため、求職中に複数の店舗の職場見学をすることがポイントです。