神戸で登録販売者の求人情報を探したい

薬剤師1

一般用医薬品の第2類、第3類を販売する専門資格として誕生したのが登録販売者です。薬剤師がいなくても一部医薬品の販売ができる事から、ドラッグストア等で注目を集めている資格となります。ここでは、登録販売者とはどのような資格なのか、資格を取得するメリットや、神戸における登録販売者の求人情報の探し方等を詳しくご紹介します。

経験なしの人も応募できる登録販売者の求人を探してみよう

登録販売者とは

登録販売者とは、2009年に規制改革によって誕生した一般用医薬品販売に関わる資格です。よく知られる薬剤師の資格と同じく、「医薬品販売の専門家としての国家資格」なので社会的信用が得られやすく、ドラッグストアをはじめ様々な店舗や企業から求められる可能性が高いので、就職に有利な資格と言われています。

そのため、より条件の良い企業に就職する際の武器として、また将来転職せざるを得なくなった場合の保険として、人気のある資格です。

登録販売者の受験資格

登録販売者を受験するにあたり、必要となる資格はありません。年齢制限もなく、特別な職歴が必要な訳でもないので、誰でも受験が可能です。受験者数は2018年度は約6万5千人となっており、2011年度の約3万3千人と比べるとおよそ2倍という数字になっています。

年々人気が高まっている資格であると言えるでしょう。これは、受験資格が必要ない事と、社会的にも需要が高いとみなされている事が大きく関係しています。ちなみに、2018年度の合格者数は約2万7千人で、合格率は41.3%です。

試験はマークシート式で行われ、出題数は合計で120問、時間は240分となっています。合格ラインは約7割程度の正答率と言われており、合格率から鑑みて、適切な対策を取っていれば、それほど難しい試験ではないと言えるでしょう。

過去問を集めた問題集なども発売されているので、独学での合格も十分に可能ですよ。

薬剤師との違いは?

薬剤師20

登録販売者も薬剤師も、ドラッグストアで医薬品を販売できるという点から、違いがよくわからないと思う人もいるかもしれません。しかし、登録販売者と薬剤師では受験資格や担う役割が大きく異なってきます。まず受験資格ですが、登録販売者には受験資格は必要ありませんが、薬剤師には6年制の薬学課程を卒業している必要があります。

そして、薬剤師と登録販売者では販売できる医薬品の種類も異なってくるのです。薬剤師は、種類に関係なくすべてのすべての医薬品を販売する事ができるのに対し、登録販売者は第2類と第3類のみとなってしまいます。更に、薬剤師の資格を有していると、人に合わせて処方箋の調剤が行えるのですが、登録販売士ではできません。

一見似ている資格ですが、明確に役割は違ってきます。

登録販売者の資格を取得するメリットとは?

受験資格が必要なく、気軽に受験できる事で人気の登録販売者ですが、取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか。まず1つめのメリットとして、社会的需要が高いので、転職で有利になるという事が挙げられます。

登録販売者の資格を有していると、第2類と第3類の医薬品を販売する事ができるようになります。第1類の販売はできませんが、市販されている医薬品の多くは第2類と第3類となりますので、デメリットにはなりにくいでしょう。

日本では、年々健康に対する関心が高まってきており、自分の健康は自分で責任を持ちたいという人も増えてきています。そのため、医薬品に関するリスク管理も重要視されるようになってきており、この薬にはどんな効能があるのか、そしてどんなリスクがあるのかをきちんと説明できる登録販売者はますます需要が高まるでしょう。

そして、ドラッグストアやコンビニなど、現状でも働き口が多い事もメリットの1つと言えます。

登録販売者の求人情報はどうやって探すの?

薬剤師11

登録販売者の資格を取得したものの、どうやって求人情報を探せばよいのかわからないという人もいるはずです。求人誌やハローワークで検索すれば、登録販売者の資格を有している事が条件の求人情報を見つける事はできるでしょう。

しかし、給与や待遇などの条件面で納得できるものを探すのは難しいかもしれません。なぜならば、相場がわからないので、募集している求人情報で納得して良いのかどうか判断しにくいからです。そんな時におすすめなのが、キャディカル登販という登録販売者専用の求人情報サイトです。

神戸で登録販売者の求人情報を探すならキャディカル登販がおすすめ

キャディカル登販は、無料で登録できる登録販売者専用の求人情報サイトです。大きな特徴として、大手ドラッグストアグループの人事を経験した事のあるメディカルスタッフが、キャリアコンサルタントとしてサポートしてくれる事が挙げられます。

ドラッグストアで人事を経験していたからこそわかる事や、登録販売者ならではの不安や悩みを気軽に相談できます。登録販売者として仕事をしていくうえで、とても心強い味方となってくれるでしょう。もちろん、求人情報が豊富な事もおすすめのポイントとなります。

都道府県別に検索できるだけでなく、市町村別にかなり細かく検索できる事が特徴で、神戸の求人情報も灘区、兵庫区、須磨区と区別に細かく検索する事ができ、希望の勤務先を選びやすくなっています。ですので、神戸で登録販売者の求人情報を探すなら、キャディカル登販に登録しておくと便利ですよ。

求人情報だけでなく条件交渉も

キャディカル登販は、神戸で求人情報を探せるだけでなく、条件交渉も代わりに行ってくれます。勤務地は希望通りだけれど、条件面で納得ができないという場合でも、キャディカル登販の担当者が、自分に代わって交渉を行ってくれるのです。

これは、条件交渉が苦手という人にはとても嬉しいサービスです。また、条件面で折り合いがつかなかったとしても、代わりの転職先を探してくれる可能性もあります。

キャディカル登販では資格取得のサポートも

神戸で登録販売者の仕事をしてみたいけれど、そもそも資格を持っていないという人もいるかもしれません。キャディカル登販では、これから登録販売者の資格を目指す人のサポートも行われています。登録販売者を目指したいけれど、どのように勉強すればわからないという人にもおすすめです。

神戸で登録販売者の求人情報を探すならキャディカル登販がおすすめ

登録販売者は、健康への関心が高まっている昨今とても注目されている資格です。取得していると、自身で医薬品のリスク管理ができるだけでなく、転職にも大いに有利になるでしょう。そして、登録販売者の求人情報を探すならキャディカル登販がおすすめです。

地域別に細かく検索できるので、神戸で登録販売者の求人情報を探しているならぜひ登録してみてください。